著者について

横山 卓(よこやまたく)
一般社団法人日本ネッシン協会(Japan Hot Stick Therapy Association)会長
順鳳堂鍼灸院院長
1961年生まれ。北里大学衛生学部卒業。
3歳より小児リュウマチを患い、大学で病気についての研究を行う。
痛みのコントロールのために東洋医学を学び、経絡指圧に出会い劇的な痛みの軽減を体験。その後、多くの経絡治療を学び、リュウマチその他の多くの病気を完治させる。
西洋医学と根本的に異なる東洋医学の原理原論を熟知し、経絡治療の普及に努める。
イトオテルミー学院講師、入江FT塾講師、藤沢アヒムサ会主宰を経て、光輝東洋医学研究所(現在Curable東洋医学研究所)を設立。
カナダで行われた指圧リサーチインターナショナル主催サマーキャンプにて講師を務め、経絡治療及び経絡指圧の講義を行う。
その後、独自の研究を重ね、熱鍼(温めた金属のスティック)によって経絡に刺激を与え治療を行う横山式ネッシン療法を確立。
誰にでも出来る経絡の認識法・診断法・治療法を考案し、指導も行っている。

 

 

詳細情報

書籍一冊 222ページ

出版社 NextPublishing Authors Press

 

10年近く続いた月刊「すこ~れ」(公益社団法人スコーレ家庭教育振興協会発行)での連載を書籍化。経絡とは東洋医学でいう気血の通路のこと。東洋医学を熟知したうえで独自の研究を重ね、熱鍼(温めた金属のスティック状の器具)を使って経絡に刺激を与え治療を行う横山式ネッシン療法を確立し、誰にでも出来る経絡の認識法・診断法・治療法を考案した筆者が、ネッシン療法を中心とするセルフケア法を症状別にわかりやすく解説(図解入り)。熱鍼は金属製のスプーンの柄などでも代用可能なので誰でもすぐにケアを始めることが出来る。元気になりたい人、若返りたい人は必読!

書籍「経絡ですっきり」

¥1,980価格